Published by lit-pon on 2017年12月27日

Google Analyticsでユーザーの性別・年齢・興味が丸わかり!


%e6%8e%a2%e5%81%b5

Googleアナリティクスは非常に便利なツールで、ウェブサイトの訪問者数や流入経路、直帰率などが分かります。しかし、Googleアナリティクスで分かることはまだまだ他にもあるんです。

今回は数あるGoogleアナリティクスの機能のなかの、ユーザーの性別・年齢・興味が分かる機能をご紹介します。これを利用すれば、自社のウェブサイトが想定しているターゲットにきちんとアプローチできているのかが分かったり、想定外のユーザーが訪れていることなどが分かったりします。

Googleアナリティクスでユーザーの性別・年齢・興味を知るための設定方法

それでは実際にユーザーの性別・年齢・興味を知るための設定方法を解説します。

Googleアナリティクスにて「レポート」を選択し、

ユーザー → ユーザーの分布 → サマリー

の順にクリックしてください。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%91

すると説明の画面が表示されるので、「有効化」をクリックしてください。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%92

次のような画面が表示されれば、設定は完了です。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%93

設定を完了してもすぐにデータを見ることはできません。データの収集が実行されるまで、1日~2日待ちましょう。

ユーザーの性別・年齢・興味を見てみよう

1日~2日経ったら、設定のときと同様に、

ユーザー → ユーザーの分布 → サマリー

をクリックしてください。すると次のような画面が表示されます。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%94

サイトを訪れるユーザーの年齢・性別の分布が分かります。

このサイトの場合は25~34歳のユーザーのセッションが最も多く、全体の約50%を占めています。また74%が男性となっています。

なお、初期設定ではセッションを指標としていますが、赤い部分を変更することで他の指標についても年齢・性別の割合を確認することができます。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%95

そして、ユーザーの興味については、

ユーザー → インタレストカテゴリ → サマリー

から確認することができます。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b1%9e%e6%80%a7%ef%bc%96

まとめ

Googleアナリティクスはユーザーの性別・年齢・興味といった細かいデータまで分かってしまうとても便利なツールです。

あなたのウェブサイトが想定しているターゲットにきちんとアプローチできているのか、また想定していなかった潜在客がいないかをこまめにチェックするようにしましょう。

 

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

20 − 20 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)