Published by lit-pon on 2017年12月13日

Googleアナリティクスの基本用語14選


「Googleアナリティクス、とりあえず導入してみたけど全然活用できてないな…。そもそも普段目にしないような単語が多くて分かりにくい。…」

 アクセス解析を始めてみて、上記のような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。Googleアナリティクスはウェブサイトを運用していく上で非常に有益なデータを提供してくれるのですが、初見ではわかりにくい用語もちらほら存在します。今回はそんな用語の中から基本的なものを14個厳選し、実際のページも見ながら解説していきたいと思います!

ユーザーサマリー

 Googleアナリティクスから得られるデータの中でも特に重要なチェック項目の一つがこのユーザーサマリーのページです。

セッション

 サイトへの訪問数を指します。具体的には、サイトに訪問してから離脱するまでのことを指しています。

 例えば、あるユーザーが1回の訪問で記事A→記事B→記事Cと渡り歩いてから別のサイトに移った時、セッションは「1」でカウントされます。このユーザーが測定期間内に再びサイトに訪問し、離脱した場合、セッションは「2」でカウントされます。

 これは補足ですが、何をもって離脱とするのかを確認しておきます。Googleアナリティクスにおいて、「サイトを出た」と判断される基準は以下の3つです。データを解釈するときの参考にしてみてください。

・30分以上操作がなかった場合

・日付をまたぐ場合

・参照元が変わった場合(例えば、最初は検索してサイトに訪問し、一度サイトを出る。その後外部リンクからサイトを訪問、などのケース。)

ユーザー

 サイトを訪問してくれた方々の人数です。どれだけの人がサイトを利用してくれているかを知る指標となります。

 セッションが1回1回の訪問から離脱までを計測するのに対し、ユーザーは固有のユーザーを追っています。例えば、同じユーザーが朝と夜にサイトを訪問した場合、セッション数は「2」ですがユーザー数は「1」のままです。

 ただし、訪問する人物が同じでも、違うブラウザや違う端末からサイトを訪問した場合は別のユーザーとしてカウントされます。例えば、Aさんが同じ日にスマホとPCそれぞれで同じサイトを訪問した場合、ユーザー数は「2」とカウントされます。

ページビュー数

 サイトの中で見られたページの数を表します。1回のセッションの中で同じページを2回見た場合、その分のページビュー数は「2」とカウントされます。

 例えば、記事A→B→A→C→B→離脱という経路をたどった場合、この分のページビュー数は「5」となります。セッション、ユーザー、ページビュー数は混同しやすいので注意しましょう。

新規セッション率

 測定期間内に、あなたのサイトを初めて訪問してくれたユーザーの割合を指します。

直帰率

 全体のセッションのうち、何%が直帰したかを表します。「直帰」とは、1ページだけ見てサイトから去ってしまうことを指します。

集客チャネル

 ユーザーがどのような経路でサイトに来てくれているかが分かる集客チャネルのページです。こちらも非常に重要なページです。用語を確認しておきましょう。

Organic Search

 GoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセス。

Social

 ソーシャルメディアからのアクセス。TwitterやFacebook、mixiなどが対象となっています。

Referral

 外部サイトに貼られたリンクからのアクセス。

Direct

 URLの直接入力や、メルマガ、ブックマークなどからのアクセス。

Paid Search

 リスティング広告など、検索結果に連動して表示される広告からのアクセス。広告を出し、クリックをしてもらうと費用が発生するのでPaidとなっています。

Display

 ディスプレイ広告からのアクセス。

その他

コンバージョン

 コンバージョンは「変換」「転換」などを意味する英単語です。サイト運用の分野では、サイトの閲覧者が、企業の望む行動を起こすことを言います。例えば、商品販売サイトであれば商品の購入数が、コミュニティサイトであれば会員登録者数が「企業の望む行動」にあたります。

 Googleアナリティクスにおけるコンバージョンのページでは、事前に設定した目標の達成度合いを確認することができます。例えば、以下のような項目を目標として設定できます。

・一定時間以上サイトに滞在したこと

・特定のページが読み込まれること(例:「ダウンロード完了」や「登録ありがとうございました」などのページ)

・サイトでの、一定金額以上の購入

ランディングページ

 訪問したユーザーが最初に見たページを指します。たとえ直帰するユーザーでも確実に目を通すページであり、コンバージョンを上げるための重要なファクターになってきます。

離脱ページ

 ランディングページとは逆に、ユーザーが最後に見たページを指します。

おわりに

 重要用語14選、いかがだったでしょうか。こういった基本的な用語を知るだけでも、Googleアナリティクスから得られる情報がグッと増えると思います。コンバージョンを上げるために、今後も効果的なアクセス解析を心がけましょう!

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

17 + 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)